道の駅伊豆月ケ瀬

category:

2019

風景と暮らしをつくる道の駅

 

伊豆縦貫自動車道の南進による月ケ瀬IC開通にあわせた新しい道の駅の地域振興施設。伊豆半島の中心に位置する立地特性や天城の山々、狩野川の清流といった地域の風景を建築とランドスケープ一体のデザインによって最大限に活かし、情報発信や地産地消の物販・飲食といった観光機能を備える施設とするとともに、地域の人たちが日常的に使えるコミュニティ拠点として整備した。設計段階において、施設の指定管理予定者と事業運営計画を踏まえた協議を行い、開業後の施設の使われ方まで含めた調整を行っている。

©︎Norihito Yamauchi

所在地

静岡県伊豆市

事業主体

伊豆市

竣工

2019.12

統括・マネジメント

設計領域・都市環境研究所・昭和設計・ミクスド共同企業体


共同

構造:KAP 設備:Yamada Machinery Office 照明デザイン:CHIPS
 サインデザイン:氏デザイン 水際デザイン:吉村伸一流域計画室

受賞

2021年 静岡県景観賞優秀賞(静岡県建築士事務所協会賞)

地域振興施設

構造

立面混構造(1階:鉄筋コンクリート造、2階:鉄骨造、屋根:木造)

規模

建築:敷地面積:7297.46m² 
建築面積:659.21m² 
延床面積:990.29m²

テラス:418.64m²


施工

中豆・青木特定建設工事共同企業体

水際公園

規模

約4200m²


施工

今井建設

広場・搬入路等

規模

約2100㎡


施工

中豆・青木特定建設工事共同企業体、今井建設